キャバ嬢のカリスマを目指して


by padpdtimpk

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 「ドブスを守る会」を名乗る大学生の一団が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した動画が、ネット上で大ひんしゅくを買っている。動画では、「ドブスが絶滅の危機に瀕している」とした上で、駅前を歩いている女性に「写真を撮らせて欲しい」と接近し、「ドブスは残さなければいけない」などとして、嫌がる女性に執拗につきまとうという内容だ。ネット上では「いじめだ」などと批判が強まっており、撮影にかかわった男子学生2名が所属する首都大学東京も、処分を含めて検討を始めた。

 問題になっているのは、「ドブス写真集完成までの道程」と題した6分弱の動画。動画の冒頭では、

 「情報化の進展により、化粧や洋服や髪型の流行を追いかけることが容易になり、果ては整形技術のおかげで、女性が最低限の見栄えを繕うことが可能になった」として、「ドブスが絶滅の危機に瀕している」と主張。「ドブスを守るための活動の第一歩として、わが国から消えゆくドブスの姿を収めた写真集を作り始めた」と、身勝手な動機を披露している。

■一般女性を執拗に追い回す

 動画は、2010年6月12日に立川駅前で撮影されたとされ、男子学生が一般女性に対して

  「もしよろしければ、写真を2枚ほど撮らせていただきたいんですけど、ダメですか?」

と声をかけ、女性が

  「今、ちょっと時間がないので…。友達と待ち合わせているので」

と難色を示すと、

  「ドブスってのが、どんどん減っている状況なんですよ。これからの時代、ドブスは残っていかなくちゃいけない。それを残すために、ドブスの写真を撮って、写真集を作ろうとしている」

などと言いながらつきまとうと言う内容だ。この動画では、この女性以外にも1人別の女性が被害にあっており、この女性は

  「写真撮って何かやるんですか?お断りします」

と言っているにもかかわらず、男子学生は女性に対して

  「ぴったりなブサイクなんで。絶対後悔しないと思うんで」

という言葉を投げつけている。

■首都大学東京「処分含めて検討」

 現在、この動画自体は削除されているが、女性の顔にモザイク加工したバージョンは広く出回っており、ネット上では

  「悪ふざけでは済まされないレベル 」
  「ひどい。いじめと変わらない」

との声が続出した。

 動画の最後には、企画・出演した男子学生の実名が紹介されていたため。ネット利用者が、男子学生が首都大学東京に所属していることを特定。大学側に非難のメールなどを送った。

 首都大学東京の広報担当によると、大学側は事態を6月17日朝に把握。男子学生2人は大学側の事情聴取に対して、動画をアップロードした事実を認めているという。大学側は、

  「動画をアップロードした動機などについては、現在ヒヤリングしているところ。処分を含めて検討している」

と話している。


■関連記事
学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」 : 2010/04/26
ミクシィに不正アクセス 名古屋の男子大学生を書類送検 : 2009/01/07
「無理強いなく、金も払わず」でなぜ 大学生の淫行逮捕に疑問相次ぐ : 2009/05/14
「格下婚」狙う女性増加中  適齢期男性、ちょっと複雑か : 2010/06/14
資金繰りに苦しむ社長 「ロト6」にハマってしまった : 2010/06/09

オールドでも乗り心地はいいわよ 吉野山ロープウエー(産経新聞)
参院選ネットで公開討論会 大阪JC、9予定者が動画も(産経新聞)
介護用品で死亡事故2件(医療介護CBニュース)
救急業務高度化検討会を21日に開催−消防庁(医療介護CBニュース)
<セクハラ>派遣先に賠償命令 使用者責任を認定…奈良地裁(毎日新聞)
[PR]
by padpdtimpk | 2010-06-19 01:32
 筋肉が次第に動かなくなる神経の難病、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の新たな原因遺伝子を広島大、徳島大などの研究チームが発見し、英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 ALSは年間10万人あたり2人程度の患者が報告され、9割は原因がはっきりしない孤発性、残りが遺伝性だ。

 研究チームは原因遺伝子を探るため、遺伝性のALS患者に着目した。父由来と母由来の遺伝子に同じ変異がある場合に発症する可能性を考え、近親婚の両親を持つ患者6人の遺伝情報を調べた。

 その結果、半数の3人が、緑内障の原因遺伝子「OPTN」に変異を持っていた。OPTNはがんや炎症に関与するたんぱく質が過剰に働くのを抑える役目がある。変異によってこの機能が失われ、運動神経に影響を与えたと推定された。

 広島大の川上秀史教授(分子疫学)は「孤発性の患者でも、この遺伝子が作るたんぱく質に異常が見られることから、この遺伝子は発症に関与していると思う」と話す。

生体認証システムなど見直し=法務省事業仕分け(時事通信)
小沢氏欠席…枝野氏への「一新会」の拍手なし(読売新聞)
<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)
医療ツーリズム、10年後は5500億円の市場に―DBJ試算(医療介護CBニュース)
[PR]
by padpdtimpk | 2010-06-08 09:56