キャバ嬢のカリスマを目指して


by padpdtimpk
 「ドブスを守る会」を名乗る大学生の一団が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した動画が、ネット上で大ひんしゅくを買っている。動画では、「ドブスが絶滅の危機に瀕している」とした上で、駅前を歩いている女性に「写真を撮らせて欲しい」と接近し、「ドブスは残さなければいけない」などとして、嫌がる女性に執拗につきまとうという内容だ。ネット上では「いじめだ」などと批判が強まっており、撮影にかかわった男子学生2名が所属する首都大学東京も、処分を含めて検討を始めた。

 問題になっているのは、「ドブス写真集完成までの道程」と題した6分弱の動画。動画の冒頭では、

 「情報化の進展により、化粧や洋服や髪型の流行を追いかけることが容易になり、果ては整形技術のおかげで、女性が最低限の見栄えを繕うことが可能になった」として、「ドブスが絶滅の危機に瀕している」と主張。「ドブスを守るための活動の第一歩として、わが国から消えゆくドブスの姿を収めた写真集を作り始めた」と、身勝手な動機を披露している。

■一般女性を執拗に追い回す

 動画は、2010年6月12日に立川駅前で撮影されたとされ、男子学生が一般女性に対して

  「もしよろしければ、写真を2枚ほど撮らせていただきたいんですけど、ダメですか?」

と声をかけ、女性が

  「今、ちょっと時間がないので…。友達と待ち合わせているので」

と難色を示すと、

  「ドブスってのが、どんどん減っている状況なんですよ。これからの時代、ドブスは残っていかなくちゃいけない。それを残すために、ドブスの写真を撮って、写真集を作ろうとしている」

などと言いながらつきまとうと言う内容だ。この動画では、この女性以外にも1人別の女性が被害にあっており、この女性は

  「写真撮って何かやるんですか?お断りします」

と言っているにもかかわらず、男子学生は女性に対して

  「ぴったりなブサイクなんで。絶対後悔しないと思うんで」

という言葉を投げつけている。

■首都大学東京「処分含めて検討」

 現在、この動画自体は削除されているが、女性の顔にモザイク加工したバージョンは広く出回っており、ネット上では

  「悪ふざけでは済まされないレベル 」
  「ひどい。いじめと変わらない」

との声が続出した。

 動画の最後には、企画・出演した男子学生の実名が紹介されていたため。ネット利用者が、男子学生が首都大学東京に所属していることを特定。大学側に非難のメールなどを送った。

 首都大学東京の広報担当によると、大学側は事態を6月17日朝に把握。男子学生2人は大学側の事情聴取に対して、動画をアップロードした事実を認めているという。大学側は、

  「動画をアップロードした動機などについては、現在ヒヤリングしているところ。処分を含めて検討している」

と話している。


■関連記事
学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」 : 2010/04/26
ミクシィに不正アクセス 名古屋の男子大学生を書類送検 : 2009/01/07
「無理強いなく、金も払わず」でなぜ 大学生の淫行逮捕に疑問相次ぐ : 2009/05/14
「格下婚」狙う女性増加中  適齢期男性、ちょっと複雑か : 2010/06/14
資金繰りに苦しむ社長 「ロト6」にハマってしまった : 2010/06/09

オールドでも乗り心地はいいわよ 吉野山ロープウエー(産経新聞)
参院選ネットで公開討論会 大阪JC、9予定者が動画も(産経新聞)
介護用品で死亡事故2件(医療介護CBニュース)
救急業務高度化検討会を21日に開催−消防庁(医療介護CBニュース)
<セクハラ>派遣先に賠償命令 使用者責任を認定…奈良地裁(毎日新聞)
[PR]
# by padpdtimpk | 2010-06-19 01:32
 筋肉が次第に動かなくなる神経の難病、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の新たな原因遺伝子を広島大、徳島大などの研究チームが発見し、英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 ALSは年間10万人あたり2人程度の患者が報告され、9割は原因がはっきりしない孤発性、残りが遺伝性だ。

 研究チームは原因遺伝子を探るため、遺伝性のALS患者に着目した。父由来と母由来の遺伝子に同じ変異がある場合に発症する可能性を考え、近親婚の両親を持つ患者6人の遺伝情報を調べた。

 その結果、半数の3人が、緑内障の原因遺伝子「OPTN」に変異を持っていた。OPTNはがんや炎症に関与するたんぱく質が過剰に働くのを抑える役目がある。変異によってこの機能が失われ、運動神経に影響を与えたと推定された。

 広島大の川上秀史教授(分子疫学)は「孤発性の患者でも、この遺伝子が作るたんぱく質に異常が見られることから、この遺伝子は発症に関与していると思う」と話す。

生体認証システムなど見直し=法務省事業仕分け(時事通信)
小沢氏欠席…枝野氏への「一新会」の拍手なし(読売新聞)
<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)
医療ツーリズム、10年後は5500億円の市場に―DBJ試算(医療介護CBニュース)
[PR]
# by padpdtimpk | 2010-06-08 09:56
 宮崎県の口蹄疫問題に関連し、国による家畜の強制殺処分を可能にすることや農家への経営支援策の強化を盛り込んだ口蹄疫対策特別措置法案が27日午後、衆院本会議で可決された。28日にも参院本会議で可決され成立する見通し。

 特措法は、農相が指定した地域内では、感染が疑われていない家畜でも都道府県知事や農相が殺処分を指示や実施できるとした。

 一方、これまで農家が行うとされてきた埋却について、国が必要な人員や土地を確保すると定め、国の責任も明確にした。処分や埋却の費用は国が全額負担する。

 殺処分で損害を受けた農家に対し、家畜の生産費も含めて国が補償することや、地域経済再建のための基金を設けることも定めている。埋却経費の負担や経営支援策など、法施行に伴う必要予算は約1000億円を見込んでいる。

【関連ニュース】
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ
闘牛:口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷
JFL:口蹄疫対策で試合延期…6月6日に開催予定の試合

将棋 現役最高齢棋士の有吉九段引退 「火の玉流」の異名(毎日新聞)
県警警部補が高1少女にわいせつ容疑 新潟(産経新聞)
事業仕分け第2弾の後半戦が終了―刷新会議(医療介護CBニュース)
サッカー日本代表、活躍を期待する選手は誰?(Business Media 誠)
西日本で大雨、東に拡大へ=低気圧北上、警戒を―気象庁(時事通信)
[PR]
# by padpdtimpk | 2010-05-29 12:54
 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している問題で、農林水産相の諮問機関「食料・農業・農村政策審議会」の牛豚等疾病小委員会は18日、追加的な感染拡大防止策として、家畜へのワクチン使用について「検討すべき時期にある」とする見解を示した。ただ、ワクチンはウイルスの流行を抑えられる効果があるものの、感染そのものを完全に防ぐことはできないため、実際に使用するかどうかの判断は行政側にゆだねた。
 農水省は今後、専門家の意見を踏まえ、ワクチン接種について最終判断する。記者会見した小委の寺門誠致・委員長代理(共立製薬取締役)は「ある程度時間を稼ぐという意味でワクチンの使い方はある」と指摘した。
 小委では、宮崎県の感染状況に関し、川南町を中心とした地域では「現行の対策のみでまん延を防止するのが極めて困難」との認識を示し、新たな対策の検討も求めた。
 感染例が多い一定区域内に限り、発生農場でなくても家畜を全頭殺処分する考え方について、政府内では将来的に踏み切らざるを得ないとする見方もあるが、小委では議論が深まらず、方向性は出なかった。ただ、ワクチン接種を実施した場合、対象となった家畜は一定期間後に殺処分することになり、全頭殺処分に近い対応になるとの意見もある。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕感染拡大防止策を検討=農水省
拡大防止へ全頭殺処分=政府高官が見通し
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催
特別交付税で全額措置=口蹄疫、処分家畜への県補償分
全頭殺処分、農家の理解必要=口蹄疫の対策費拡充を

内閣委員長解任案を否決=衆院(時事通信)
橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」(産経新聞)
枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)
<放送法改正案>「電監審」の権限強化削除求める 日弁連(毎日新聞)
資金問題、小沢氏は説明を=民主幹部に蓮舫氏ら直訴(時事通信)
[PR]
# by padpdtimpk | 2010-05-21 14:17
 平野博文官房長官は12日の衆院内閣委員会で、閣僚と副大臣の給与カット率を現在の1割から拡大するとともに、新たに政務官の給与カットを行う方針を示した。民主党が昨夏の衆院選で掲げた「国家公務員の総人件費2割削減」について、自民党の小泉進次郎氏から「大臣、副大臣が10%カット、政務官が(カット率)ゼロでは説得力がない」と追及され、「必ずやります」と応じた。

【関連ニュース】
自民党:郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任
衆院選:「実感わいてきた」比例当選者に証書付与式
衆院選:小泉氏当選、神奈川11区
ファイル:数字・言葉・経済 自民の郵政PT座長に林氏
選択のあとに:09政権交代 比例当選者ら、笑顔次々 自民大物、目立つ「代理」

点滴混入公判 制度本格化へ試金石 専門用語多く負担増す不安(産経新聞)
貸金業法違反の5社に行政処分 東京都(産経新聞)
首相動静(5月6日)(時事通信)
「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚−奈良(時事通信)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
[PR]
# by padpdtimpk | 2010-05-13 10:42