キャバ嬢のカリスマを目指して


by padpdtimpk

岡田外相の核発言を批判=共産・小池氏(時事通信)

 共産党の小池晃政策委員長は17日の記者会見で、岡田克也外相が日本有事の際の核持ち込みを認める可能性に言及したことについて「とんでもないことだ。非核三原則堅持と言いながら、二枚舌と言われても仕方ない」と批判した。その上で「非核三原則の厳正な実施を政府に求めていきたい」と強調した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

割引財源を高速道建設に=財政特措法改正案を閣議決定(時事通信)
<福山哲郎参院議員>文芸春秋を提訴 記事で名誉棄損(毎日新聞)
民主 複数人区、擁立進まず 「政治とカネ」が影(毎日新聞)
<杉並区>減税条例が成立 基金設立、運用益を活用(毎日新聞)
高知の川に乳児遺体(時事通信)
[PR]
by padpdtimpk | 2010-03-19 14:38