キャバ嬢のカリスマを目指して


by padpdtimpk

強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で−鳥取(時事通信)

 鳥取県米子市で会計事務所社長ら2人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、鳥取地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた元部下の影山博司被告(55)の弁護人は15日、同罪の成立を認めた判決を不服として控訴した。
 弁護人を務める杉山尊生弁護士は「結論の無期懲役に不服があったわけではないが、強盗目的とした事実認定が了承できない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人

インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ (産経新聞)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
押尾被告に麻薬譲渡、泉田被告に懲役1年判決(読売新聞)
人件費、3000億円上昇も=郵政の正社員化で−亀井氏(時事通信)
「歴史」物語るモニュメント 足立区(産経新聞)
[PR]
by padpdtimpk | 2010-03-18 01:03